年配

栄養素でむくみを解消│摂取するモノと質を変えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

辛い症状を緩和するサプリ

中年の婦人

女性ホルモンの補充

40代後半くらいから、不快な症状で悩まされている方も少なくありません。例えば、のぼせやイライラ、発汗や血行不良、気分の落ち込みなどの症状です。このような症状は更年期障害の可能性が高いとされています。卵巣の機能の低下によって女性ホルモンのエステロゲンが激減することで発症します。見た目で分かる一番の症状としては、暑くもないのに顔や首に大量の汗をかくことで、これが自分でも気づきやすい更年期障害の特徴でもあります。ただ、他の病気が隠れていないかの確認の為にも、早めに病院を受診しておくと良いでしょう。病院での治療としては、人によっては女性ホルモンを補う為のホルモン療法や内服が処方されることが多くなっています。個人差はありますが、更年期障害で悩んでいる方の中には、このような病院の薬が合わない方や気持ち的にも抵抗がある方もいらっしゃるようです。

サポニンの含有量の多さ

そこで漢方を試す方も珍しくありません。ただ、漢方も医薬品ですので、自分の判断ではなく医師の処方は必要になります。定期的に病院に通えない方や、もう少し自然に改善されるものはないかと感じている方には、漢方の生薬で作られたサプリメントもおすすめです。更年期の期間は人によって異なり、長い間辛い症状を抱えている方もいらっしゃるようで、気軽に利用できる漢方配合のサプリメントは人気です。特に田七人参や高麗人参などの漢方配合のサプリメントは、ネットの人気ランキングでも上位となっています。これらの漢方には、サポニンという女性ホルモンの分泌を促す作用があるので、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。気軽に続けて不快な症状が改善されたという口コミも少なくありません。少しでも楽に更年期障害の時期を乗り越えられるように、効果的なサプリメントや漢方を飲みましょう。