年配

栄養素でむくみを解消│摂取するモノと質を変えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の診断と対策

笑顔のカップル

糖尿病の診断に活用

日本人の3大成人病の一つに挙げられるほど、糖尿病は日本人に多い病気です。糖尿病診断のための検査として、まず行うのは、血糖値の検査です。しかしながら、血糖値は空腹時と食事後で大きく変動するので、それだけでは正しい判断が難しく、ブドウ糖負荷試験や血中インスリン活性検査、眼底検査や尿タンパク検査が行われてきました。さらに近年、糖尿病の診断にブドウ糖とヘモグロビンが結合したヘモグロビンa1cの利用が普及しています。また、食事や飲酒、検査時間によって血糖値は変動するのですが、ヘモグロビンa1cはそれらにほとんど影響を受けないという特徴もあります。

血糖値をコントロールする

ヘモグロビンa1cの正常値は、4.7〜6.2%で、6.5%以上になると糖尿病の疑い高く要注意と言われています。血糖値は、高くなってしまうと正常値に戻すためには、血中のブドウ糖を上げないような対策をしながら、ブドウ糖が結合している赤血球が寿命を迎えるのを待つ必要があるので、60日間程度の時間が必要と言われています。血糖値を上げない対策として基本となるのが、食事や運動など生活習慣を見直すことです。食事療法を厳守すること、適度な運動を行ない、飲酒量を控える事などです。このことに加えて、ヘモグロビンa1cを下げるといわれている成分を含んだ健康食品を積極的な摂取を併用するとより良い効果が期待できます。有効と言われる健康食品は、田七人参を結合させたラクトフェリンやイヌリン等を含有した健康食品は予防の高く、大きな効果が期待できます。