年配

栄養素でむくみを解消│摂取するモノと質を変えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

アントシアニンを活かす

目を押さえる女性

定期的に摂取すること

眼精疲労に効果的といわれるブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分は、24時間以内で効果が切れてしまうといわれています。なのでそのときに大量に摂取するのではなく、毎日適量を定期的に摂取していくことで眼精疲労を予防していくことができるようになります。現代は目を非常に使う時間が多くなり、それは大人に限らず子供にも言うことができるので、子供にもブルーベリーを食べることは目にとても良いことになります。パソコンやスマートフォンを使って画面を見る時間が増えてきただけでなく、子供は学業にも集中的に取り組むようになってきた子が多くなっています。学校が終われば受験のために塾や予備校に通ってさらに勉強をしていくため、昔に比べて目を使う時間が多くなっているのです。

冷凍保存で栄養維持

眼精疲労を予防するのにさらに効果的な摂取方法があります。それは、ブルーベリーを冷凍して食べることです。ブルーベリーを冷凍させることでアントシアニンの効果が落ちずに維持できるのです。ブルーベリーは常温で置くことによってその鮮度がどんどん低下し、栄養価も下がってしまうといわれています。その栄養価が下がらないようにするために冷凍保存して食べるのが良い方法となるのです。冷凍したブルーベリーをそのまま食べるのも良いですし、アイスクリームと一緒に食べたり、ミキサーでフローズンのようにして食べるのも良い方法となります。大人だけでなく子供にもおいしく味わうことができるので、気軽に眼精疲労を予防させることができるようになります。